FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    初恋の女性(ひと)

    「初恋の女性」と言っても、
    私にとっての「初恋の女性」についてという話ではなく
    私の方が、ある人にとっての「初恋の女性」だったってことが
    3~40年も時を経た今になって、知らされたって話と
    そして、自分の鈍感さやあまりの無神経さにびっくりという.........話

    つい、数日前のこと
    実家の母から電話があり、小中学校が一緒だった
    Kさんという人から電話があり
    あなたの連絡先が知りたいというから教えたから
    そのうち、連絡がいくはずだとのこと

    私が高校から進学のためにひとり暮らしを始めたことは
    以前にも書いたけれど
    それを機に、小中学生時代を過ごした道南の小さな町を離れ
    転勤族の親もその町を出てしまった後
    すっかりその町とは縁がなくなってしまったようで
    ずっと懐かしい思いはあったけれど
    町を訪れたり、小中学校時代の同窓会や集まりに
    顔を出したりという機会が全然ないまま
    長いこときてしまった

    今年のお盆に同窓生の何人かが集まった時に
    「すっかりごぶさたの私がどうなってるんだ?」という話題が出て
    みんなで「会ってみたい」なんて話になったらしい
    それで、わざわざ当時父が勤めていた
    その町の地元の高校からいろいろたどって
    実家の連絡先までたどりついたのだという

    K君の顔は、すぐ浮かんだ
    小学校低学年当時の本当にワルガキでヤンチャだった顔..........

    ごく仲の良かった女の子とだけ
    年賀状のやりとりをしているくらいで
    本当に、当時の子たちとはごぶさただっただけに
    母と話をしながらも
    幼かった仲間たちがどうなってるか
    全然別の世界のことのようで想像もつかず
    それだけに、私の方でもみんなに会いたいような
    懐かしい思いになった

    K君は、さっそく電話して来た

    けっこう、おっさんくさい世慣れた感じで
    パワーのある明るい声のなかに
    昔のまんまのところがちゃんと残ってる

    俺のこと覚えてる?
    懐かしいね
    何年ぶりだろうね
    誰それは、どこに住んでるとか
    北海道に戻ってこないのかとかの合間に
    「ああ~!会ってみたいよなあ~!」がちょこちょこ入る

    そして
    「○子(←私)は、オレの初恋の人だかんな~」と
    しみじみと告白という雰囲気ではなく
    当然のわかりきったことのように言う

    (初耳!)

    「ええ~~!?」と笑う私に
    「小学1年で、最初に席隣だっただろ。
     子供って、隣の席の子好きになるってよくあるだろう」って
    「なんだ。それじゃあ、ただ隣だからってだけじゃん!」
    確かに、隣の席になったのは覚えている
    私は、けっこう彼のイタズラやガキっぽさに
    「しょうがないわねえ~」なんて思ってたかも............

    「27年前、俺が北海道から東京に行く機会があって
    そっちで会おうって話になったんだけど
    結局、会えなかったことがあったんだけど覚えてる?」

    (覚えてない!)

    「え.......そんなこともあったっけ......?
    20才くらいの時の頃だよね........えっと..........」

    「彼氏と、どこだか行くからとか言ってて..........
    5分くらいなら会えるとか言って.........
    ××駅で待ってたんだけど.........
    結局、会えなくてな...........」

    全然覚えてない!!! 
    っていうか.........なに......私
    高飛車! 
    サイテー! 
    やな女じゃん!!!

    K君の方は、そんなことも懐かしげに楽しそうに話してるけど
    私は、当時の自分の無神経さが信じられず
    ちょっとアタフタしてしまった
    (たぶん、時期的にみても、本当に初めてできた彼氏と
     つきあいたてのホヤホヤとかいう頃だったのかもと
     自分に言い訳しつつも、記憶自体がないだけに
     どんな状況だったのかも、結局不明だったのだ)

    K君は、どんどん楽しそうに饒舌になり
    アレ覚えてる?コレは?と聞いてくるのだが
    とっても、明確で具体的なK君の思い出話なのに
    私ってば、ほとんど覚えてなくて
    なんだか、どんどん、申し訳なくなってしまう始末...........

    全く、自分のことなのに
    当時の私については
    私より、彼の方が覚えてるのでは?........と思うほど

    例えば、中学時代、一緒に放送部にいたらしい
    彼にとっての一番の思い出は
    その頃、私たちも含めて3人が校内から代表で
    田舎町から遠征して「NHK主催のアナウンス研修会」に参加したことで
    先生の車に乗せてもらって行った時の座席の場所まで覚えてると言う

    田舎の中学生にとっては、けっこうなイベントで
    オバサンになった私から見ても「楽しそうじゃん!」って思うのに
    私ってば、言われてみればそんなこともあったかもと思うだけで
    これまた、記憶がないのである.............

    昼休みの放送用に流す曲用のレコード(古)も
    私からいろいろ貸してもらってって話にも
    記憶がついていってなさそうな私の生返事に
    「チューリップの『日本』っていうLPとか
     カーペンターズの『涙の乗車券』とか」なんて
    確かに、当時の私が持ってたレコードの具体名まで上げてくれるK君

    そして、彼は
    当時、私がDJぶってお昼の放送かなにかをしているのを録音した
    カセットテープまで持ってるらしい!
    (なんで、そんなものを持ってるんだ~~?)
    「アバの曲を、なんか詳しく解説とかしてるヤツ」
    そんなことをしたのも全然覚えてない..........
    でも、恥ずかしいけど、そのテープは是非聞いてみたいな~

    なんか、自分の記憶では
    中学時代の自分って、自意識過剰なだけに
    コンプレックスが強くって
    なんだか、つまらない日々を送ってたような気がするのに
    誰かの目の中では
    案外、いきいきとしていたのかもしれない

    そして、せっかくの「初恋の女性」の思い出は
    なんだか思い出のままの方がいいんじゃないかって..........
    今さら、現実の私を見せてがっかりさせるのは
    申し訳ない気が、だんだんしてくるのだった


    日本(紙ジャケット仕様)日本(紙ジャケット仕様)
    (2005/06/29)
    チューリップ

    商品詳細を見る



    涙の乗車券(紙ジャケット仕様)涙の乗車券(紙ジャケット仕様)
    (2009/08/26)
    カーペンターズ

    商品詳細を見る



    S.O.S.~ベスト・オブ・アバS.O.S.~ベスト・オブ・アバ
    (2007/01/17)
    アバ

    商品詳細を見る





    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    ランキングに参加中です。よろしければ押してやってください









    スポンサーサイト

    トラックバック


    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    -

    管理人の承認後に表示されます

    コメントの投稿

    非公開コメント

    あまりにも「らしい」!(^^)

    ご無沙汰しております。

    お元気ですか?
    飲んでますか?
    歌ってますか?

    いよいよ師走。
    忙しくされていることと思いますが、
    また忘年会しましょうね!
    (って、いまごろの遅コメすみません~。^^;)

    さて、こちらの記事。
    いやはや、おもしろーい!ww
    あまりにもgabrieさんらしさが満載で
    思わず笑ってしまいました(^^)。

    だって、放送部とか…
    アナウンス研究会とか…
    お昼の放送の曲解説とか…
    それらをほとんど忘れているとか…(笑)
    ツボにはまりまくりですww

    美声のめんこい中学生、
    きっととても生き生きしていたのでしょうね。

    『日本』、懐かしいなー。
    『TAKE OFF』も『無限軌道』も大好きでした♪
    カーペンターズは、私は2枚組の
    『Now & Then』を持っていましたよ♪♪

    Q様へ

    えっ!?
    そんなに「らしい」かなあ~?(^^:

    彼の、いかにも中学生の「恋ばな」は
    なんだか微笑ましいエピソード満載で
    私も、けっこう笑っちゃいましたが.........

    でも、生き生きと思い出を語る彼を見ていて
    人生では「恋されてる」方より
    「恋してる」側がやっぱり主役よねって
    思ったりもしました

    中学生のQ様も、なんか想像しちゃいましたが
    文武両道な感じ???

    忘年会、こちらからもお声をかけようと思ってました
    是非是非、よろしく~~~(^^ /
    プロフィール

    gabrie

    • Author:gabrie
    • お読みくださって
      ありがとうございます

      私にとって一番大切なものは
      「愛と自由と平和」
      当たり前にあるべきものと
      思っていたけれど
      それを脅かすものとは
      時には、戦う必要があるのかも
      ならば、戦わなきゃね!
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    カテゴリー
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    share100
    クリック募金
    リンク
    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    gabrieへのメール
    メールフォームが開きます

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    フリーエリア
    blogram投票ボタン
    フリーエリア
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。