FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    生まれ変わっても?


    「昼カラ・スナック」では、
    すばらしい、なじみっぷりを見せた彼女だけれど
    そんなふうに、うちの彼女が「場になじむ」なんて
    本当は、なかなか難しいことで
    仕事でもプライベートでも
    人間関係では、上手く行かないことが多く
    勝手に自分でシンドクなり
    結局、周囲を不快にしたり、振り回したりなんてことが
    今まで、さんざんあったのだ

    それは、彼女が本当はとても弱くて
    人に受け入れられないのが怖いから
    傷つくより先に、
    攻撃したり、自分から相手を拒否することで
    なんとか自分を守ろうとしてるからだと
    今の私は、いいかげん理解しているけれど

    そんな私でさえ
    その彼女の子供じみた不器用さに
    嫌気がさしたり、うんざりしたりってことが、たまにはある

    「もう少し、余裕をもって
     人のことも自分のことも見られれば
     全然楽に、人とつきあえるのに」
    そんな言葉も、何度繰り返したことか..............

    ただ、私は
    そのたんびに、あきれたりうんざりしたりしながらも
    それでも、その「彼女の弱さ(ダメっぷり)」を
    嫌いにはなれないのだなと、ふと思い至った

    というか、むしろ
    そこを愛してるのかなと...............

    そういうのって
    決して、前向きな愛し方じゃないし
    結局は、私自身の「ダメっぷり」も露呈することになるってことは
    分かった上で

    彼女は、私が「この人はビアン」だと認識したうえで
    初めて出会った「ビアン」の女性で
    そして、そのまま恋に堕ちてしまい
    長いことずっとつき合って来た人だ
    (その間、コイツと別れたいと思ったことは数知れずだけど
     他の女性に心をうばわれたり、浮気願望を持ったことは皆無)
    だから、私は他のビアンの女性を
    実は、恋愛対象として見たことはなく
    彼女と他の女性を比べて考えてみる機会も
    今まで、全然ないままに来てしまったのだ

    それで、ちょっと想像してみた

    私が恋人募集中のフリーの状態で
    二丁目のバーとか
    ビアン同士のオフ会やカップリングパーティなんかで
    複数の人たちと一緒に初めて彼女と会ったとしたら.............?

    多分、最初は彼女のパッと見の外見に魅かれるけれど
    自分なんかは、相手にされないかななんて
    遠巻きに見てるかもしれない

    それでも、ふと気づいたとき
    彼女が、どこか居心地悪そうにつまらなそうにしてるとか
    反対に、妙にはしゃぎすぎて空回りしたりしだしてるのとかを見て
    周りの空気と同調しないこの人の存在が
    周りから浮き立って見えて来て
    私は、どうしたって気になりはじめるのだ

    彼女より、感じが良くていい人はたくさんいて
    きちんと話ができる、気の合うタイプの人もいるだろう

    でも、私はきっと
    (彼女が「困ったちゃん」だって知ってても)
    しっかり、自分から彼女に近づいて行って
    彼女の『痛み』とか『寂しさ』に触れたくてしょうがなくなるはずだ

    そして、やっぱり彼女以外の女性は
    恋愛の対象にはなりえないまま
    私は、彼女を特別な人にしてしまう気がする

    この、想像に
    「ダメじゃん!自分!!!」と、つっこみながら
    想像でさえ、他の人を選べないのだから
    どうしたって
    私は、私は彼女を選ぶのだろうと
    自分に、言い聞かせる部分もあって............

    多分、私の中にも
    決して、人とは交じ合えないのだという
    どうしようもない孤独感があるのだ
    ただ、自分はそれなりに上手くそれをカムフラージュして
    日々の生活の中では、他人も自分もごまかしている
    だから、それを隠さずに
    何も着せぬまま表に出してぶつけてくる
    彼女がほっておけないんだろう


    なんだか、想像は
    生まれ変わってもまたこの人を選んでしまうような
    そんなところまで進んでしまい
    それには
    「まあ......そこまで、一緒にいなくても..........(^^;」
    なんて気持ちに、さすがになってしまったけれども


    (彼女が、私をまた選ぶかは???
     今でも、なんで他の人にしなかったんだろう?と
     選択肢がいろいろあったふうなことを
     よく口にしてるので..........)


    にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ
    にほんブログ村


    ランキングに参加中です。よろしければ押してやってください


    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    ご無沙汰してます

    最近はロムってばかりで、すいません。
    先日の昼カラ スナックのお話し楽しく、また同感!と思いながら読ませていただきました
    相手の弱い部分、そこを愛せるからこそ
    永い年月そばに居られるのでしょうね。
    共感しました。
    あたしは今回『恋』と言う感情を足元に置き
    彼女と毎晩何時間も話し合いました
    お互いとても似た者同士。
    お互いの弱さ孤独に
    唯一立ち入れる仲です
    切れる縁ではないとお互い思い、これからも人間対人間として
    ずっとそばにいようねと言う事に落ち着きました。
    お互いの弱い部分を嫌いにはなれないのです。
    私事で長々とすいません。
    これからも彼女さんと
    優しい時間を過ごして下さいね。

    yura様へ

    私の方こそ、いつもロムってばかりですみません

    実は、yuraさんと彼女さんのことも
    びっくりして、どうにも気になって
    何度もメールを書こうとしたのに
    私ってば、全然ダメで
    どんな言葉もムダみたいな気がして........
    自分なんかが何を書いたところで仕方ないな.......
    って挫折してしまっていたのです

    だから、yuraさんの方から
    ここに、こんなふうに彼女さんとのことを
    交えて書いてくださるのは
    私にとって、なんだか申し訳ないほどありがたくて........

    yuraさんの心の変化や、彼女さんに対するやさしさ
    いちいち頷くことが多くて
    素敵だなと思いながら読ませていただいていました

    『お互いの弱さ孤独に 、唯一立ち入れる仲です』
    そんな縁は、決して断ち切れるものではないですよね
    プロフィール

    gabrie

    • Author:gabrie
    • お読みくださって
      ありがとうございます

      私にとって一番大切なものは
      「愛と自由と平和」
      当たり前にあるべきものと
      思っていたけれど
      それを脅かすものとは
      時には、戦う必要があるのかも
      ならば、戦わなきゃね!
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    カテゴリー
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    share100
    クリック募金
    リンク
    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    gabrieへのメール
    メールフォームが開きます

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    フリーエリア
    blogram投票ボタン
    フリーエリア
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。