FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    蜘蛛女のキス

    1月30日、ミュージカル「蜘蛛女のキス」を見て来た

    20091130_835671.jpg

    先日見て来た「DANCE SYMPHONY」と同じ劇場で
    演出家も同じ荻田浩一氏
    出演者の浦井健治君×荻田先生の組み合わせは
    以前、WILDe BEAUTYを見ている

    原作の小説も、映画も舞台も作品として定評があるもので
    性犯罪で投獄されているゲイと、社会改革を目指す若き活動家が
    刑務所の中で心を通わせていく物語というあらすじは知っていて
    何度か舞台化されるたびに、ずっと気になってはいたのだけれど
    今まで、ちゃんと作品に触れたことはなかった

    それがたまたま、カード会社の割引チケットを見つけたから
    「これは!」と飛びついた感じだった

    舞台を見始めてからの一時間ぐらいは
    物語の流れを注意深く追いつつも
    刑務所の荒れた雰囲気は、舞台で見るにしてもつらいなあとか
    青年革命家ヴァレンティン役の浦井君が
    WILDe BEAUTYの時の印象とは全然別の人のように見えるなあとか
    蜘蛛女役の金志賀さん、すごく歌もダンスも上手くて
    独特の存在感も色気もあるのに
    それでも、その歌やダンスに自分が引き込まれないのはなぜかなあとか
    どこか醒めた気持ちだった

    それが、一幕目の後半で
    ゲイのモリーナの母親(初風諄さん)が歌うソロに
    ぐいっと心がつかまれてしまった
    初風さんが、はじめに舞台に登場した時は
    衣装も立ち居振る舞いも
    なんだかミュージカルの舞台にも役にもそぐわなく
    ふた昔前ぐらいの日本人のおばさんにしか見えなかったので
    むしろ、疑問符がわいていたのだけれど
    ゲイで年少者への性犯罪で投獄されている息子のことを
    「恥じたりしない、愛している」という年老いた母親の思いが
    本当に強く強く胸に迫る歌で、
    聞いてるうちに、私はボロ泣き.................

    そこから、舞台と自分の間がすっと近づいた

    二幕目では、モリーナとヴァレンティンの心が寄り添っていく
    二人のその心の動きに、自然にひっぱられていく
    モリーナの愛が可愛くて、切なく美しかった

    愛と人としての尊厳
    それがこの作品の明確なテーマで
    それこそが大切で美しいのだと
    今度は、モリーナ(石井一孝さん)のソロナンバーに
    ボロ泣きになりながら
    私は、その思いを強くした
    (バッグから、ハンカチかティッシュを取り出したくても
     ゴソゴソ身動きするのも周りに申し訳なくて
     本当に、顔がグチャグチャ状態.....(^^;)

    お芝居の中でのミュージカルナンバー
    歌の上手い下手だけではなくて
    心をつかまれ動かされる歌とそうでない歌のちがいはどこにあるんだろう?

    それは「感じる」受け手がわが何によって
    動かされるかってことでもあるのかな?

    『愛』と『尊厳』
    まさしくそれが、私の心にきくツボなんだろう
    舞台を見て、こんなに泣けたのは久しぶりだったから



    映画版のDVDを借りて
    その後、原作を読んでみようかと思う


    にほんブログ村 演劇ブログ 宝塚歌劇団へ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
    にほんブログ村


    ランキングに参加中です。よろしければ押してやってください


    スポンサーサイト

    コメントの投稿

    非公開コメント

    こんばんは

    いゃーまたまた素敵な舞台を堪能されましたね
    自分の根底にある心と、その歌の心が合致した時に
    グッとこみ上げるものが現れるのでしょうね
    お気持ち、とても共感できます。

    原作本、読んでみたくなりました。

    yura様へ

    「自分の根底にある心と、その歌の心が合致した時」
    まさしく、そんな感じだったんでしょうね(^^

    生の舞台って、
    同じ演目でも見る度に感じることがちがったり...........
    それが、また魅力ですよね

    原作本、読まれたら感想など
    是非お聞きしたいです

    プロフィール

    gabrie

    • Author:gabrie
    • お読みくださって
      ありがとうございます

      私にとって一番大切なものは
      「愛と自由と平和」
      当たり前にあるべきものと
      思っていたけれど
      それを脅かすものとは
      時には、戦う必要があるのかも
      ならば、戦わなきゃね!
    カレンダー
    11 | 2018/12 | 01
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31 - - - - -
    カテゴリー
    最近の記事
    月別アーカイブ
    最近のコメント
    share100
    クリック募金
    リンク
    FC2ブログランキング

    FC2ブログランキング

    gabrieへのメール
    メールフォームが開きます

    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    FC2カウンター
    フリーエリア
    blogram投票ボタン
    フリーエリア
    ブログ内検索
    RSSフィード
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。